武蔵野美術大学 芸術文化学科の知久彗来さんの研究論文にKYOTAROも協力、参加いたしました。2018年度 卒業研究・制作展にて発表されます。

武蔵野美術大学の芸術文化研究をされていらっしゃる知久彗来さんが

ご自身の研究の論文を発表する機会にKYOTAROをお選びくださり、

昨年インタビューされます為に京都のアトリエにお越しくださいました。



1月17日から20日まで武蔵野美術大学 鷹の台キャンパスにて卒業研究・制作展にて発表される予定です。
http://apm.musabi.ac.jp/news/2018sotsu/
知久様KYOTAROにご興味持ってくださりありがとうございます。
また芸術文化学科西中賢教授、京都工芸繊維大学建築学コースを専攻し学ばれていらっしゃいます、今回ご一緒に撮影にご協力くださいました尾上篤さんありがとうございました。
今後素晴らしい響きが生まれ大きく輝かしい発展に繋がりますように。

 

 

http://apm.musabi.ac.jp/news/2018sotsu/

2018年度 武蔵野美術大学 芸術文化学科 卒業研究・制作展/大学院 芸術文化政策コース 修了展

概要

「2018年度 武蔵野美術大学 芸術文化学科 卒業研究・制作展/大学院 芸術文化政策コース 修了展」を開催いたします。
本展は、学部生は武蔵野美術大学における4年間、大学院生は芸術文化政策コースとしての2年間の集大成が一堂に展示される美術大学ならではの展覧会です。
特に芸術文化学科では、毎年アートやデザインに関連するさまざまなジャンルの研究が発表されます。


開催日・場所

2019年1月17日(木)―1月20日(日) 
 9時から17時
 武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス 9号館 5・6階ほか

(武蔵野美術大学ホームページより引用いたしました。)

 

 

素晴らしい文化が花ひらき溢れ、力を放ち続けますように。


#KYOTARO

 

JUGEMテーマ:日記・一般